ビーティーエルのweb動画

「百聞は一見にしかず」という言葉が意味するように、動画の表現力は活字や静止画による情報伝達力との比較でも超越して優れ、その差は5000倍ともいわれています。その場の雰囲気や臨場感、細かい説明が必要な新製品、機能の説明など、動画を利用することにより、分かりやすくユーザーに伝えることができます。一般的に「文章を読むのは苦手」という方はよくいますが、「動画を見るのが苦手」という方は少ない傾向にあります。図やCGを使い、わかりにくい商品や細かい機能でも視覚的イメージで説明することで、文章を読むよりも短い時間で伝えやすいです。<こんな商品・サービスに効果的> 文字だけでは特徴を伝えにくいもの 使用方法、効果の説明が難しい製品 実際の使用イメージを伝えられる=購買意欲アップ ◇写真と文章では表わせないような「雰囲気」「リアルさ」を表現できるまたスタッフの人となりや接客のようすなど、実際にお店に行かないとわからないこともイメージしやすくなります。 ◇興味のない人にも見てもらいやすい 商品を知らなかったり興味がなかったりする人にパンフレットなどを見てもらうのは難しいです。しかし動く映像なら、興味をひく要素をたくさん入れられます。 ◇言葉がわからなくても伝えられる 1分間の動画を文字情報に換算すると、180 万文字分の情報伝達能力があるという研究結果があります。そのため静止画よりもたくさんの情報を伝えられます。

web動画をhtml5でコーディングする重要性

HTML5はHTML4のバージョンアップではありますが、HTML5はそれまでのhtmlと大きく異なる点があります。それは、html5がWebアプリケーションのための標準だという点です。そこがhtml5の最大の重要性です。それに加えて2つの重要なポイントがあります。htmlは、ドキュメントを記述するための標準でした。htmlの登場によって、世界中の人がネットを通して"Webページ"としてのドキュメントを共有することが可能になりました。
1つは対話的な操作です。従来のWebページではユーザーインターフェイスもドキュメント単位で作られていたため、シンプルではありますが紙芝居のように切り替わる方式でした。しかしWebアプリケーションではWebページの一部を動的に書き換えることが可能であり、多機能かつ対話的な操作ができるようになりました。
html5は、いままでドキュメントの標準として作られていたhtmlを、Webアプリケーションのための標準へと進化させる大きな節目となるバージョンアップといえます。これからWebがアプリケーションプラットフォームとなり、Webのリアルタイム化が進むうえでも、重要な土台となるべき標準なのです。html5の仕様を基にして、誰でもWebブラウザを実装することができます。

会社概要

会社名 合同会社 ビーティーエル(英語表記 BTL Inc.)
事業内容 ホームページ制作・web動画制作・インストリーム広告のコンサル及び制作
住所 名古屋市中区栄5-26-39
電話番号 050-3330-5703
メールアドレス info@btl-nagoya.com

CNB group 制作一例(敬称略)